Img_bbaf0f547fb03497aa126ae86a7065f5
Img_6063fa4985b4a2c1982d50d404332bdf
偶数月第1水曜日恒例のayurock in the park企画
アイムグッド、アイムグッド、アイムラッキーvol.4
ご来場下さった皆さま、ありがとうございました。

今回も3ピースのバンドスタイルでお届けしました。
ここ数年はアコースティックバージョンが定着してましたが
エレキギターから始まった私の音楽活動
やっぱりエレキを弾いてる方がしっくりくるんです。
(自分的には)
かと言ってアコギが嫌いなわけでもないのですが(笑)
楽曲制作中の脳内ではバンドありきで作るので
バンドスタイルの方が原曲に忠実だという事ですね。

さて、お話を本題に戻します。
今回は3組のシンガーソングライターが出演してくれました。
トップは栫ミュウちゃん。
2度目の共演です。
初めての時から声の美しさに魅かれてました。
私には到底出せない世界を作れるアーティストで
森の中で妖精が歌っているようなイメージ。
私はフカフカの葉っぱを敷き詰めたソファーで聴いているような感覚でした。
ミュウちゃんとは8/23の酔夏男でもご一緒します。
どうぞお手柔らかにお願いします。

2番手は大先輩の宮田ロウさん。
私がギターを弾いたこともなかった20歳前後
大きなステージで活躍されていた人の1人がこの方です。
まさか自分が同じステージに立てる日が来るとは
当時は想像すらできなかった。
1曲目はChicagoのSaturday in the park
歌詞の”Saturday”の部分を”ayurock”に置き換えて
♬ayurock〜in the park〜♬…と歌ってくれたのです!(笑)
その他にも曲の途中にイベントタイトルを入れてくれたり…
宮田さんの気持ちが伝わってきて
最後の曲の「HAPPY BIRTHDAY」で涙を流すほどでした。
素晴らしいステージをありがとうございました。

3番手は川本マサフミさん。
遥々、名古屋から来てくださいました。
アコギを歪ませ、ルーパーを駆使しながらの独特な演奏スタイルで
拳をつきあげるようなギャンギャンロックな曲から
故郷を想って作ったという泣きメロバラードまで
バラエティに富んだ楽曲で心に刺激を与えられました。
Tシャツには「負け犬ロック」と書いてありましたが
私は完全に「勝ち犬ロック」だと確信しました。
めちゃカッコイイ‼︎
またご一緒できる日を楽しみにしています!

ayurock in the parkはトリでの演奏でした。
今回もポンちゃんとヨッシーの男前指数100%‼︎
2人の演奏を見ながら歌いたいくらいだった。
次は客席で見ながら歌ってみようかなwwww
バンドスタイルの時はハード寄りの楽曲が多いので
いつもアコースティックバージョンを聴きに来てくれてる方は
驚いたかも知れませんね。
それが狙いww
次回のアイムグッドもバンドスタイルでお届けしますよ。


8.3.wed Live at.BLANTON
【set list】
アイムグッド、アイムグッド、アイムラッキー
光とストライプ
ファンネルマーク
ロマンチック
for Good or Bad
OUR LIFE
(encore)
アイラブユー

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする